水没iphoneを自力で復活させる方法

水没iphoneを自力で復活させる方法

iphoneを水没させてしまったら、すぐに諦めるにはまだ早いです。
諦めてしまう前にやっておきたいことがあります。
これらを水没後に適切に行うことで復活の可能性があるからです。
まずは慌てないで、水から拾います。
水没場所で多いのがトイレですが、たとえ用を足した後でも拾うしかiphoneを救う方法はないので行います。
拾いあげた時にしてしまいそうになるのが、携帯を振って水分を落とすことです。
これは絶対にしてはいけない理由は、振ることによって、まだ水分が入っていない場所にも水分が入ってしまう可能性があるからです。
水に落ちた時点で携帯の電源は勝手に切れてしまうことがほとんどですので、拾い上げた時に電源は入れないことが大切です。
もし電源が切れていなかったら、電源は切り、水分をティッシュ等でそっと拭き取ります。
その後はとにかく乾燥させます。
乾燥方法としては、ドライヤーの温風を熱くなり過ぎない程度にあてあたり、密封できる袋に乾燥剤と一緒にいれて平らな所におきます。
乾燥して復活が望める日数は大体2~3日位です。
3日以上待ってから電源を入れて、電源が入れば復活成功です。
電源が入らなかった場合は、自力での復活は困難ですので、メーカーに修理を依頼することになります。

iPhone水没修理 - 業界No1のデータ復旧業者|アイフォンハウス 03-5937-5668 | iPhone買取、iphone修理の専門店|アイフォンハウス