住宅ローンの返済と不動産担保ローンについて

住宅ローンの返済と不動産担保ローンについて

近年、金利の低下や消費税増税がせまっていることもあり、
新規で住宅ローンを組む人が増えている。
初めに35年ローンを組み、35年間かけて賃貸マンションのように月々決まった額だけを返済していく人をよく見かけますが、私は少しでも生活を切り詰めて、繰り上げ返済していかれることをおすすめしたい。
多くの人は、早くローンを返済することで、無駄な金利を支払わなくて済むという利点しか見えていないが、実は早く返済することで、返済時に住宅を資産として活用することができるのだ。
例えば購入金額3500万円の住宅は、35年後には資産ゼロとなるが、10年で返済すれば、1000万円などの資産と見なされ、追加で不動産担保ローン組んで、また1000万円を借りることができるのだ。
こうすることで、店舗の運営や不動産投資など、あなたの活用できる資金額を増やすことができるのである。