昔と今のヒップホップファッションの違い。

昔と今のヒップホップファッションの違い。

ヒップホップファッションと言えばダボダボの腰まで下げたパンツや膝までくるようなオーバーサイズのシャツなどといったイメージが強いと思います。
実際に囚人服では囚人同士の争いがしづらくなるようにわざとデカイ服を渡されベルトもさせて貰えないという事で刑務所内でもダボダボでずり下がったパンツを履かされていた事から広まりギャングの証として一般でも真似する人が多くなっていったものと思います。
ですが現在は逆にスキニーパンツを履いたり昔と異なった服装に変わりつつあって腰パンはする人も多いですがアメリカの州によっては腰パンをしていると罰金が課せられるという法律まで出来始め、わざとスキニーパンツを腰パンし丈の長いシャツで隠すというスタイルが主流のようです。
アーティストの中では以前はナイキのスニーカーにJAY-ZのファッションブランドROCAWEARだったものが今では高級ブランドを身にまとい全身ルイヴィトンなどといったセレブぶりが目立つようになってきています。
服装の変化は囚人服をベースとしたギャングを思わせる格好から今では成功の証として、今現在アメリカで先端を走り続けるヒップホップだからそこ貧乏だった人種がセレブとなった事を見せつけるような高級ブランドをメインに取り入れた格好に変わっています。