DSPで変わるネット広告

DSPで変わるネット広告

DSPを知っていますか?分かりやすく言うと、広告媒体になることを希望しているサイトを数多く集めてネットワークを作り、そこに一括して広告を送る事で宣伝する方法の事です。
広告媒体をする側の大きなメリットは、豊富な広告を受注できる点と、その中からサイトを閲覧中のユーザーに適した広告を配信できる点です。
たとえば、ネット広告の中には自分で貼り付ける広告を決めて設置し、それをクリックした人の数だけ収入が得られるものもありますが、これだとサイトと広告のマッチングが悪ければ、サイト自体は人がいっぱい来てくれても広告のクリック数は芳しくない事も起こるでしょう。
でもDSPでは、ユーザーがそれまで行ってきたデータを参照にしてどの広告を表示するかを決定するので、高い確率でその人に合った広告が掲載されます。
少なくとも見当違いな広告が並ぶ可能性は確実に減るでしょう。
今まで上手な広告選びが出来なくていまいちネット上での広告で収入を得られなかった人にとっては、使ってみたくなるサービスではないでしょうか。参考サイトはコチラから