交通事故後のトラブルに関する実例

交通事故後のトラブルに関する実例

後遺障害の認定に納得のいかない方におススメなのが、後遺障害の異議申立に特化したサイトです。
このようなサイトでは、異議申立に関する専門家の具体的なサポート方法から、後遺障害の基礎知識まで、交通事故後のトラブルに関するさまざまな専門知識を得ることができます。
また、専門家が実際に解決に導いたさまざまな事例も掲載されています。

例えば、40代男性の場合では、骨の変形の症状がありましたが、加害者側の保険会社の申請では後遺障害には認定されませんでした。
ところが、専門の弁護士が変形部分の証拠となる写真や具体的な日常生活での問題点を記述して意義申立書を作成すると、後遺障害が認められ示談金も600万円から1500万円に増えました。
さらに、80代女性が亡くなられた事例では、被害者のご遺族は保険会社の心無い対応に怒りをあらわにして法律事務所に依頼をしていました。
異議申立の結果、裁判基準の慰謝料を認めさせることに成功、さらに、この女性の逸失利益も損害賠償額に加えることを了承されたのです。
結果、保険会社が当初に提示していた額の2300万円を大きく上回る4100万円で示談が成立したのです。

このように、専門家に相談することで、納得のいく額の示談金を受け取れる可能性が広がります。
まずは、交通事故後のトラブルに特化した法律事務所のサイトを検索してみましょう。
異議申立のサポートについて詳しいサポートの手順が記載されていれば、多くの実績がある事務所の確率が高いので、まずは無料相談から始めてみることをおススメします。

https://kouisyou-support.com/failure-flow/